一般病院の看護師夜勤バイトってどうかな?患者さんの名前も疾患名も分からない中で夜勤に入って不安はない?

一般病院の看護師夜勤バイトってどうかな?患者さんの名前も疾患名も分からない中で夜勤に入って不安はない?

pixta_6270092_S.jpg
看護師夜勤バイトは、高額時給の求人が多いですよね。

短時間で高収入が欲しいナースや、日中は働きに出ることが難しいナースなどには、とても魅力的なお仕事ですよね。

しかし、看護師夜勤バイトでも一般病院での夜勤となると不安が大きくなりますね。


一般病院の夜勤では、患者さんの体調も不安定ですから、夜勤中に何が起こるかわかりません。

急性期の患者さんであれば、急変する確率も高くなりますし、オペ後の患者さんが多くいる病棟の夜勤などもハードですよね。

そういった一般病院の夜勤業務をバイトでやるというのは、患者さんの名前も疾患も分からずに大丈夫なのだろうかという不安があります。

実際に夜勤バイトをしている看護師の体験談では様々な声がありますね。

【一般病院の急性期病棟で看護師夜勤バイトをしたA子さんの体験談】

私は、一般病院での看護師夜勤バイトをしました。

とても忙しそうな病棟で、看護師不足が一目瞭然...。

夜勤前に、ある程度簡単な説明をされました。

フリー業務だから大丈夫と言われていたのですが、実際に働いたら急変があったり、心電図モニターのアラームは鳴り止まないし、直接患者さんに関わらなくてはならないことばかり...。

夜勤バイトがこんなに大変だとはおもいませんでした>_<


【一般病院の整形病棟で看護師夜勤バイトをしたB子さんの体験談】

私は、整形外科病棟の夜勤バイトをしています。

たまにしか働かないので、仕事に行くと見知らぬ患者さんも多くいます。

しかし、夜間はほとんどの患者さんが寝ているため、それほど大変な思いはしたことがありません。

バイトの夜勤看護師は、雑務的な仕事も多く、寝たきりの患者さんの体位交換やオムツ交換などはありますが、体調の悪い患者さんの対応などは常勤の看護師が行っています。

派遣看護師などの対応に慣れた病棟だから、業務の分担がしっかりしていて、私も苦痛なく働いていますよ。


このように、看護師夜勤バイトは、働く職場によって大きく違いがあるようですね。

横浜の医療脱毛はこちら


看護師夜勤バイトをするなら、急性期病棟などは大変かもしれません。

また、夜勤バイトの受け入れ体制の良い職場を選ぶといいですね。

2015年2月 9日|